75秒でわかる|コロナで失業した人が失業保険を60日延長する方法

(この記事は75秒でさらっと読めます。)
 
本記事は、
 
「コロナで失業した人への特別な失業給付制度を知りたい。」
 
という方の為に書いております。
 
結論から言いますと、その制度は有ります。
 
最大で60日延長できます。
 
その際、一番大切な事は以下になります。
 
ハローワークで失業給付(失業手当)の手続きをする際に「コロナで失業したので60日延長できる給付制度について話を聞きたい」と「伝えること」です。
 
すると職員が書面に追記してして手続きしてくれます。
 
失業保険(失業給付)の手続きの段階で予め伝えさえすればハローワークの職員が自動で手続きして下さいます。
 
そして、いくつか注意点を聞いてメモしておけばOKです。
 
これだけで解決です。
 
あと、留意しておくべきことは自分から「コロナで失業した」という旨を伝えないと手続きしてくれません。
 
つまり、ハローワークの職員から「コロナの影響で失業しましたか?」と聞かれることは無いので、必ず「自分から」伝える必要があります。
 
 
なお、これに関する難しい制度や法律を学ぶと、約2時間以上かかると思います。
 
しかも、私たちは素人なので、結局、ハローワークの職員に確認しなくてはならないので結局、相談する必要があります。
 
この記事でお伝えしている方法が一番、時間をかけずに済むかと思います。
 
 
あと、この記事に興味をもたれた方は下の記事もお役にたてるかもしれません。
 
➤「最短3カ月で生計をたてられるスキルを身に着けたい。」「新しい仕事であればできれば収入アップしたい。」という方向けの記事になります。
 
 
リスク0円コーチの大澤(プロフィールでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)