失業保険の難しい制度や法律を学ばずに簡単に受給できる方法とは?

【75秒でわかります】
 
こちらの記事は、失業保険(失業手当)の難しい制度や法律を学ばずに受給する方法を解説しています。
 
さらに、この方法は最も信頼できる方法でもあります。
 
そのため「最短」で受給できる方法がわかり「信頼」できる所が他の記事との違いです。
 
気にすべきところは退職事由「だけ」です。
 
以下の違いがあります。
 
・自己都合退職➤3カ月以上たたないと受給できない。(不利)
 
・会社都合退職➤最も早く受給できる。(有利)
 
解決策は、自己都合か会社都合かを把握した上で「ハローワークの職員」に電話することです。
 
5分程で「必要書類」や「手順」を懇切丁寧にわかりやすく解説してくれます。
 
かつ雇用保険を毎日扱う役人に相談する訳ですから最も信頼でき、間違いがありません。
 
以上が最短かつ信頼できる解決策です。
 
ちなみに、雇用保険(失業手当)の事を自分で勉強するとなると、最低でも2時間くらいかかります。
 
さらに、素人ではよく理解できないかもしれないので、結局、ハローワークの職員に確認しなくてはいけなくなったりします。
 
なので最初から職員に相談する方が早いという訳です。
 
それと、コロナによって仕事を失った方は、2カ月ほど受給期間を延長できる可能性があります。
 
もし該当する可能性があるのなら、その点も職員に相談しておくと良いです。
 
あと、本記事に興味があった方でしたら下の記事もお役にたてるかもしれません。
 
➤「最短3カ月で生計をたてられるスキルを身に着けたい。」「新しい仕事であればできれば収入アップしたい。」という方向けの記事になります。
 
尚、当然ですが雇用保険に加入していない方は失業保険(失業手当)は受給できません。なぜなら雇用保険を払っている方のための失業保険だからです。
 
 
 
では以上です^^
 
リスク0円コーチの大澤(プロフィールでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)