đŸ€ã‚ˆã¤ã°ãŽã‚ŗãƒŧチãƒŗã‚°ã‚šã‚ŋイãƒĢはīŧŸ

僕ぎã‚ŗãƒŧチãƒŗグぎ゚ã‚ŋイãƒĢはäģ–ぎ多くぎã‚ŗãƒŧチと大きくį•°ãĒるかもしれぞせんぎでごčĒŦ明しぞす。
 
僕はã‚ŗãƒŧチãƒŗã‚°ã§ã‚ˆãčĄŒã‚ã‚ŒãĻã„ã‚‹ã€Œč€ƒãˆã•ã›ãĻã€čƒŒä¸­ã‚’æŠŧす」という指導įŗģぎã‚ŗãƒŧチãƒŗã‚°ã‚šã‚ŋイãƒĢはį›ŽæŒ‡ã—ãĻãĒいです。
 
ãŠãĄã‚‰ã‹ã¨ã„ã†ã¨ã€ãŠåŽĸさんを「ä¸ģã€ã¨č€ƒãˆã€åƒ•ã¯ããŽã€Œč‰¯ã„åŦäŊŋい」をį›ŽæŒ‡ã—ãĻいぞす。
 
ãŠã†ã„ã†ã“ã¨ã‹ã¨č¨€ã„ãžã™ã¨ã€
 
「あãĒたは〇〇ãĢついãĻč€ƒãˆãĻãŋãĻください。あãĒたは〇〇すずきです」といãŖた指導゚ã‚ŋイãƒĢはį›ŽæŒ‡ã—ãĻãĒいです。
 
おうしãĻもåŋ…čĻãĒ場合はしぞすがįŠæĨĩįš„ãĢこぎ様ãĒã‚šã‚ŋイãƒĢはとりたいとは思ãŖãĻぞせん。
 
僕は、おåŽĸさんぎ”č‰¯ã„åŦäŊŋい”としãĻ「ä¸ģが〇〇を原įžã™ã‚‹ãŸã‚ãĢ、デãƒŧã‚ŋã‚„æƒ…å ąã‚’ãŠæŒãĄã—ãžã—ãŸã€‚ã“ãĄã‚‰ã‚’ã”å‚č€ƒãĢしãĻいただきごæąē断ねがいぞす。そぎご意向をåŸēãĢ支援させãĻいただきぞす。」という゚ã‚ŋイãƒĢをį›ŽæŒ‡ã—ãĻいぞす。
 
こぎ゚ã‚ŋイãƒĢãŽãƒ‡ãƒĄãƒĒットは「よつばさんぎ指į¤ēをįŸĨりたいぎãĢãĒぜ教えãĻくれãĒいぎだろう」とおåŽĸさんがやきもきする可čƒŊ性があることです。
 
そぎため、äēˆã‚ãŠäŧãˆã—ãĻおりぞす。
 
ぞた、こぎ「åŦäŊŋい」゚ã‚ŋイãƒĢãŽãƒĄãƒĒットは、おåŽĸさんč‡ĒčēĢがしãŖかりしãĻいãĒいといけãĒいぎで”æąē断力”や”č‡Ēåˆ†ã§č€ƒãˆã‚‹åŠ›”がつくことです。
 
僕は、”æąē断力”と”č‡Ēåˆ†ã§č€ƒãˆã‚‹åŠ›”はäēēį”ŸãŽå¤šããŽé‡čĻãĒå ´éĸでずãŖとåŊšãĢたつと思ãŖãĻいるぎでこぎ゚ã‚ŋイãƒĢをį›ŽæŒ‡ã—ãĻいぞす。
 
č‡Ēåˆ†ã§č€ƒãˆã‚‰ã‚Œã‚‹ã¨ã€äžå­˜åŋƒã‚’抑える劚果も期垅できぞす。
 
ãĒお、č‡Ē分でæąē断したくãĒいし、č‡Ēåˆ†ã§č€ƒãˆãŸããĒい、という斚はåˆĨぎã‚ŗãƒŧãƒãŒč‰¯ã„ã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ã€‚åƒ•ã¨ã¯åˆã‚ãĒいです。
 
こういう斚ぎį‰šåž´ã¯ã€įž¨ãžã—ã„æ°—æŒãĄã‚„æ†§ã‚Œã‚‹åŋƒã‚’くすぐるマãƒŧã‚ąãƒ†ã‚ŖãƒŗグãĢすぐ魅惑されやすいです。
 
č‡Ē分がしãŖかりしãĻるäēēは、憧れやįž¨ãžã—ã„ã¨ã„ã†æ°—æŒãĄãĢæĩã•ã‚ŒãĢくいですし、そういう動抟でお金を払うことは少ãĒいとおもいぞす。
 
å°‘ã—čŠąã™ãŽãŸã‹ã‚‚ã—ã‚Œãžã›ã‚“ãŒã€ãã†ã„ã†ã‚ĩãƒŧビ゚はæ˛ĸåąąåˇˇãĢæēĸれãĻã„ã‚‹ãŽã§ããĄã‚‰ã‚’ã”æ¤œč¨Žã„ãŸã ã‘ã‚Œã°ã¨æ€ã„ãžã™ã€‚