【第8回;起業戦略講座】ヒット商品を作る

リスク0円コーチの大澤です^^
 
今回は第8回の
 
————-
ヒット商品を作る。
————-
 
をすすめてゆきます。では早速はじめましょー!
 
 
まず「基本」から、、、
 
——————
マーケットの問題を基にヒット商品を作る
—————— 
 
これが大切です。
 
ここでよくある失敗が、商品を売ろうとすることです。
 
商品は売るのでなく、
 
「商品の中にある効能やメッセージ」
 
を売ります。
 
例え話をしますね^^
 
 
あるコーチは、コーチングを売ろうとして、
 
「コーチングはいりませんか?」と聞きました。
 
経験のある方は分かると思いますが、当然、それではなかなか売れません。
 
 
別のコーチは、
 
「確実に100万の収益がアップする方法を5万円でいりませんか?」
 
と聞きました。
 
 
もし信頼できるものであれば、当然、前者より売れます。
 
これは、コーチングのもつ効能やメッセージを売ったから売れる訳です。
 
 
 
この視点が必須です。
 
 
 
その為「人が自然に集まる」売れるメッセージを作ることが必要です。
 
 
売れるメッセージとは、
 
「誰もやっていない悩み解決」
 
です。
 
 
 
誰もやっていない悩み解決の「メッセージを売る」わけです。これが基本です^^
 
 
 
上記を踏まえて、商品の効能やメッセージを制作してみて下さい。
 
【課題ワーク】
————————–
最低でも10個は書いて下さい。
ただ、本音を言えば、これも考えるのが好きになる習慣を身につけるため30個は書くと良いかもです。
ちなみに僕は100回以上は修正したり微調整したり、してます^^もう数えきれないです。
————————–
 
 
では、この基本を踏まえて、ヒット商品の「条件」を紹介しますね。
 
 
その条件を満たせば、集客やセールスが非常に楽になります。
 
それはこちらです、、、
 
 
・競合が少ない、もしくは弱いこと。
 
・上位の問題も解決すること。
 
・「安い」と自分も思えること。
 
・新しさがあること。
 
・驚きがあること。
 
・安心して使える。
 
・拡大市場に対応している。
 
・参入障壁が高いこと。
 
・必要不可欠なもの。
 
 
これらの条件が弱かったら作り直しです。
 
なぜなら、弱いと集客やセールスで苦労するからです。
 
ここは大切なのでよくある失敗を紹介します。
 
あまり作り直さない人が多いです。
 
そして、集客やセールスで苦労しています。
 
苦労して時間を無駄にしている人が多いです。
 
苦労したくない方は何度でも作り直すことが大切かと思います。
 
僕は1000回くらい作り直すつもりで作ってます。これは誇張ではありません。常に作り直す、と言い換えても良いかもしれません。
 
ここには十分な時間をかける価値があります。
 
ここは地味ではあるのですが、やればやっただけ、スキルもつくし、自信もついてきます。
 
自信がつくと「売るな」と言われても、売らずにはいられなくなると思います。
 
僕は「売るな」とは言われませんでしたが気持ち的に売らずにはいられなくなりました^^
 
 
この心の余裕というか、自信が「自分らしさ」に繋がってくるのでとても大切かと思います。
 
 
そして、自分の商品がブラッシュアップされると、僕の場合はなんだか嬉しくなります。
 
なので、おすすめです^^
 
 
では、簡潔に一つずつ説明しますね。
 
 
 
・競合が少ないこと、もしくは弱いこと。
 
後発で競合に勝つのは思ったより大変なものです。
 
そして、まだ、空いているマーケットはいくらでもあります。
 
競合が少ないマーケットを狙いましょう。
 
 
・上位の問題を解決すること。
 
この要素を入れるとリピート率が異常にあがります。
 
絶対に入れると良いと思います^^生命線です。
 
しかし、この要素を入れず失敗している人は多いので、少し解説します。
 
上位の問題とは、一つの問題を解決すると「芋づる式に他の問題も一緒に解決できる問題」のことを言います。
 
わかりにくいかもしれないので、少し説明を加えます。
 
先程の集客の例を挙げると、集客の問題を解決する為に、集客のコーチングをするよりも、ヒット商品作りをまずコーチングするのです。
 
もしヒット商品ができると、ヒット商品は非常に魅力があるので、自然に人が集まります。
 
そして、集客の難しさがかなり低減します。
 
楽に売れるようになるので、セールスの難しさもかなり低減できます。
 
つまり、ヒット商品づくりをコーチングすると、芋づる式に、集客とセールスの両方の問題も解決する、という訳です。
 
この発想を商品開発に組み込みましょう。
 
上位の問題を解決すると、
 
「もう僕のコーチングを受けないで下さい」
 
とこちらからお願いしないと契約を辞めてくれなくなります。
 
それくらい異常にリピート率が高まります。
 
自分がお客さんの側で考えてみましょう。
 
他では真似することができない良いサービスで、自分にとって欠かすことができないもの、だとしたら、どう思いますか?
 
僕なら頼まれなくても、自分からお願いすると思います。
 
その為、非常に重要な要素です。
 
 
・「安い」と自分も思えること。
 
セールスの際の成約率に直結します。
 
単に値段を安くする、という話ではありません。
 
これはお客さんが受け取る価値よりも、安くする、ということです。
 
 
例えば、
 
クライアントが100万儲かるなら、
 
30万以下にしましょう。
 
 
ただ、これは目安です。
 
 ここでの最大のポイントも自信です。
 
「この価格なら自分だったらぜひ買いたい!」
 
と思う値段にしましょう。
 
自信があると、セールスの成約率が断然変わってくるのでここも大切です。
 
 
 
ここでのよくある失敗は、
 
自信がないからもっと安くしよう、、、
 
と弱気になって値下げする場合です。
 
そういう場合は、恐らく、安くしても売れないでしょう。
 
単に、安くすれば売れるという訳ではないからです。
 
自信がでない原因や他の要素を見直すのが良いかもしれません。
 
 
 
 ・新らしさがあること。
 
「こんな感じの見たことある」
 
と思われた瞬間に見込み客はいなくなったりします^^
 
市場にない新しい商品であると良いですね!
 
 
 
・驚きがあること。
 
業界を変える位の衝撃のある商品がヒット商品です。
 
新しい価値観を売ります。
 
それには驚きがあります。
 
アップルはiphoneを売るとき、
 
「電話を再発明しました」
 
と言いました。そして大ヒット。
 
ヒット商品は全て、
 
「人が集まるコンセプト」
 
を持っています。
 
その為には「驚き」が必要です。
 
人が集まるには、この要素が重要になります。
 
 
 
・安心して使える。
 
いくら良い商品でも、
 
「これは僕にはできないかも・・・」
 
と思わせたら、当然、買ってもらえません^^;
 
そこで、安心して使えるコンテンツにしましょう。
 
「これなら自分でも使える!」
 
と思ってもらると成約率はあがります^^
 
 
・拡大市場に対応している。
 
仕事にする訳ですから、
 
継続しなくてはなりません。
 
この要素は特に、
 
「事業の長期継続」
 
という視点において重要です。
 
なので、これから伸びる市場のサービスがおすすめです。
 
 
・参入障壁が高い。
 
これも事業の長期継続という点で重要です。
 
参入障壁が高ければ、ライバルの侵入が少なくて済みます。
 
特にコーチング起業の業界は、誰でも低いリスクで参入できるので、参入障壁がとても低く激戦です。
 
ライバルがすぐ真似して入ってくる業界なのです。
 
参入障壁を高くする工夫が必要です。
 
 
・必要不可欠なもの。
 
「もしこのサービスがないと、私は前にすすめない・・・」と思ってもらえる商品です。
 
この要素があれば、かなりセールススキルが下手でも売れやすいです。
 
主に、セールススキルの敷居を下げるために必要な要素です。
 
ーーー
 
以上がヒット商品の条件です。
 
 
では【課題ワーク】をお伝えしますね。
 
【課題ワーク】
 
—————————————
ヒット商品の「条件」を満たした商品を開発する。
何十回と微調整や修正を繰り返し、ブラッシュアップする。
—————————————
 
この課題に取組みましょう!
 
納得いくまで何度でもやり直して下さい。
 
そうすれば、ヒットして、集客やセールスで苦労しなくなります。
 
 
あと、みなさんの実力をつける為に、以下に課題ワークの回答フォームを作ってみました。
 
自分が書いたドキュメントを「コピペだけでもOK」です。無理の無い範囲でどうぞご活用ください^^
 
 
また、これを参考により良い講座にアップグレードしようと思っています^^
 
 
では、ヒット商品を作る、は以上になります。
 
 
次回は、いよいよ「集客」のパートに入ります。
 
僕が年収2000万、口コミ3カ月待ちになった方法をそのままお伝えします^^
 
他の人のやり方とは違うとこもあったりするので有益かもしれません。
 
 
ぜひ、お楽しみに^^
 
リスク0円コーチの大澤(プロフィール)でした。